FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

初夏の神戸を楽しむ旅 Vol,8 





少し間が空きましたが、続いてますよ。







上野駅を発車したあけぼのの最初の停車駅は大宮駅

201107kobe 195

ここでもB寝台を中心にかなりの方が乗車してきました。






ではでは車内のご案内。

私の乗車しているA寝台個室はこんな感じ。

201107kobe 189

窓側から撮ってます。

201107kobe 191

鏡です。

201107kobe 187

ハンガーとコンセントです。

201107kobe 185

足元の幅はこれくらい。

201107kobe 188

ビデオプログラム用のモニター。ここにテーブルが少しだけ引き出せますが、私の持ってたB5のノートパソコンものらないほど狭いです。

201107kobe 235

洗面台です。

201107kobe 234

ちゃんと水もでます。温度調節も可能です。

201107kobe 184

各種のコントロールパネルです。ベッドにしたところに座っていると使いづらいのですが、寝転がると非常に使いやすい位置にあります。

201107kobe 203

テーブル下に灰皿。

201107kobe 204

先ほどのカーテンの陰にハシゴと隣の部屋とを繋ぐコネクトドアがありました。

201107kobe 192

エキストラベッドです。

201107kobe 206

アメニティキットが用意されています。

201107kobe 253

ちなみにベッドはこのようにソファモードにすることも出来ます。ただお尻の位置がかなり低くなるので、私はベッドのまま使ってました。

201107kobe 255

照明です。この横がエアコンの吹き出し口なのですが、これがかなり賑やかにしてくれてウルサイぐらいでした。




とにかく一晩を過ごすには十分な機能が備わっています。特に現代人に欠かせないコンセントが用意されているのは助かります。



とりあえず室内も見たことなので、今度は編成を歩いてみます。


201107kobe 223

A寝台の入口はスライドするタイプでした。

201107kobe 169

B寝台には引き戸タイプ。こちらの方が雰囲気があって好きです。

201107kobe 171

給水器です。このあけぼのには自販機がありませんので貴重な水分補給となります。今となってはちょっと使うのにためらいます。

201107kobe 170

B寝台です。ゴロンとシートでは、ここに写っているシーツなどのリネンが無い状態となります。

201107kobe 230

B個室ソロの下段入口です。

201107kobe 175

下段の中です。

201107kobe 232

B個室ソロの上段入口です。

201107kobe 176

上段の中です。

201107kobe 229

個室の案内は上の方にひっそりとありました。









そうこうしているうちに列車は

高崎駅

201107kobe 220


201107kobe 219

4分の停車なので、飲み物を調達しておきました。
高崎を過ぎると翌朝まで停車駅はありません(運転停車はあります)ので、ここで逃すと長い間ガマンしなければなりません。

給水器でもカマワナイ人はOK!









列車はさらなる闇の中へ向けて進みます。


スポンサーサイト

[edit]

大船渡 



寝台特急での旅の途中ですが、仕事で大船渡市と青森を3往復した際のお話です。



これまでも仕事の関係で福島市に何度か行ってるのですが、見た目には地震の影響をあまり受けてなく、東日本大震災に対する衝撃は殆どなかったのですが、今回津波による被害を受けたエリアに初めて入り、あまにも強烈な津波の威力を直に見ることとなりました。

私が見たのは、比較的被害の少なかった(被災した方には大変失礼ですが)大船渡市、当時どのチャンネルでも紹介されていた陸前高田市です。

大船渡市の方は漁港あたりを中心に一部のエリアが被害を受けていました。どういう状況でこの程度の被害で済んだのかは私にはわかりませんが、被害としては少ない方だと感じました。

陸前高田市の方は沿岸部は壊滅で見る影もありません。映像や画像で見たものが眼の前にあることが信じられないぐらいの光景でした。5階建のマンションの4階部分ですから約15mぐらいの高さで津波が来ているのがわかりました。その高さまで一面海水に浸かった街の道路を走るという感覚は何とも違和感があります。

陸前高田は街の機能が完全に消失していますが、街のあちこちで震災前の生活を取り戻すべく、街の機能を復活させようとしているものを沢山見ることが出来ました。




しかしながらどちらの街にも、「こんなところにある筈がないもの」が未だに色んな場所で見かけます。

津波に押し流された車は未だに沢山放置、打ち上げれた船も放置、瓦礫は家があったであろう区画に放置、手がつけられないのかもしれません。


交差点では色んな県警の方が交通整理にあたっていました。私が見た中では佐賀県警が一番遠くから、大阪府警が集中的に配置されているようでもありました。



これからまだまだ時間はかかると思いますが、歩みを止めることなく進んで行ってほしいと思います。














<気になったこと>

興味本位で撮影に来ている輩が目立つこと。現地には車でしか入れないので、交通の妨げになっているようでしかない。それに若いカップル。まるでドライブがてら見学しているのか、被災地を見ながら笑っている姿はとても悲しくなりました。

悲しいと言えば、道路脇で熟年のご夫婦と思える二人が家があったであろう場所で、そっと手を合わせている姿が強く眼に焼きつきました。私が信号待ちをする為に停車してから発進するまで、その姿勢のままでした。どなたか大事な方を亡くされているのかもしれません。








私もいつものようにコンデジを持って行きましたが、仕事以外では1枚も撮影をすることはありませんでした。この風景を撮影することが自分にはどうしても許せませんでした。

またいつの日かこの地を訪れた時、新しい街として見たいと思ったのかも知れません。



私が仕事で行った場所から見えた綺麗な海が1日も早く笑顔で見れますように・・・。



[edit]

初夏の神戸を楽しむ旅 Vol,7 


さてさて、続きです。




青森よりから

先ずは機関車の紹介

201107kobe 129

201107kobe 131

ヘッドマークも凛々しいEF64 1053





続いて

201107kobe 133

電源車カニ24 25





次は

201107kobe 136

201107kobe 138

201107kobe 137

8号車オハネフ24 12

開放B寝台車両からリネンをなくしたものです。寝台券不要で乗れるので人気は高いようです。





次は

201107kobe 140

201107kobe 141

7号車スロネ24 552

A寝台シングルデラックスです。





次は

201107kobe 147

201107kobe 149

201107kobe 148

6・5号車
オハネ24 554
オハネ24 555

B寝台個室ソロです。





次は

201107kobe 153

201107kobe 155

201107kobe 157

201107kobe 154

4・3・2号車
オハネフ25 205
オハネ25 218
オハネ25 32

こちらは開放B寝台。リネンはあります。





次は

201107kobe 159

201107kobe 161

201107kobe 160

201107kobe 162

1号車オハネフ24 10

8号車と同じゴロンとシートの女性専用車両です。私が見た時には60%ぐらいの乗車率でした。





方向幕

201107kobe 134

終点青森まで乗り通します。





こちらは後方のトレインマーク

201107kobe 164

ここでしか見れないと何度か撮り直しをしたのですが、






















貫通路であっさり

201107kobe 225

ドリンクを買い込んで自分の車両に戻る途中で発見しました。こんなところで、しかも間近に見れるとは思いもよりませんでした。








7号車は

201107kobe 173

カシオペアなら6号車、北斗星なら8号車の乗り口です。

そしてあけぼのなら7号車。

う~ん、どのような停車のさせ方をしてるんでしょうか???





さぁ、個室で発車の時を待ちましょう!

201107kobe 178

久しぶりに上野駅から列車に乗ります。
千葉は柏に住んでいた頃、常磐線の11・12番ホームをよく利用したのですが、その下にある13番ホームから初めて発車の時をむかえます。








ガタンっ!!

客車独特の機関車に引っ張られるような瞬間です。
立っていた私は一瞬よろけてしまいました。






実は個室内で荷物を置きなおして、上着をハンガーにかけている瞬間に発車の時をむかえてしまいました。
何ともマヌケな出発となってしまいました。






上野駅発車後

201107kobe 190

街の風景です。

日暮里近辺は明るくて良いのですが・・・。
よく利用される方ならわかると思いますが、画像的にあまりよろしくないかな、と。






さぁ、翌朝までの12時間を超える列車の旅がスタートしました。




車内の様子は次回に。


[edit]

初夏の神戸を楽しむ旅 Vol,6 



さぁさぁ、ここからがこの旅のメイン!





低く重厚なディーゼルエンジンの音と、電源車からのやはり低い音が上野駅 13番ホームに響きます。

かつては北の玄関口として数多くの寝台列車がここ上野駅から出発していたのですが、青森へ向かう寝台列車はこの「あけぼの」のみ。当時を知る人達はこの寂しい風景をどのような気持ちで眺めるのでしょうか?

しかも上野駅を発車する寝台列車は「あけぼの」以外は札幌行きとなる「北斗星」と「カシオペア」だけで、そのいずれの列車もこの13番ホームから発車します。






13番ホームの片隅

201107kobe 167

以前どなたかのブログで見た時には、椅子やテーブルがきっちりと置かれていたのですが、何もありませんでした。





















絵になる風景

201107kobe 165

やっぱりブルートレインは駅に停車していても絵になります。

201107kobe 146

この日は何と満席とのことだったので、B個室ソロの車両1階の部屋はカーテンが早くもかけられている部屋ばかりで、外から中を覗くことはできませんでした。








とりあえず荷物を置いて編成を見て回ろうと、自分のお宿へ向かうのですが、
















201107kobe 222

んっ・・・・













201107kobe 217

ありえんし・・・





201107kobe 221

この扉と2重になっているのですが、内側の自動ドアは故障中!

手動でも動くのですが、せっかくだから修理しましょうよ。それとも修理する必要がなくなっているのか?















通路

201107kobe 182




なかなか洒落てます

201107kobe 193

















しかしここにも

201107kobe 194

ちょっと寂しいです(T_T)




















気を取り直して

今日のお宿

201107kobe 183

A個室シングルデラックス!!


いやぁ、幼い頃に夢見た空間がついに私の間の前にあります。
私が幼い頃に個室車両があったかどうかは、実ははっきりと覚えていません。ただ、ブルートレインの一乗客になることが叶った嬉しさは、非常に大きなものがあります。




暗証番号式のロック

201107kobe 177

使い方はいたって簡単でした。









さぁとりあえずブルートレインを間近に見て回りましょう。



[edit]

初夏の神戸を楽しむ旅 Vol,5 



続きです。





搭乗したSFJ28・ANA3828便は、予定なら羽田には19:25着になり、次が21:15出発なので時間的には余裕があるのですが、移動に時間を使うのと、是非とも見ておきたいものの為にどうしても定刻到着を希望していたのですが・・・。

何故か飛行機はずっとタキシングしています。しかも見たこともないようなエリアに連れて行かれました。(もっとも羽田を頻繁に利用しないので、どうなっているかは不明ですが・・・)


沖止め!


あー、最悪!しかも座席を最後方でとってるもんだから、機内から出るだけでも時間がかかるというのに。関空から飛んで何で沖止めやねん。しかも満席やのに・・・。









しかし、機内からジャンボ様が見れたので少し喜ぶ。!(^^)!

201107kobe 124

私はジャンボが好きなので(細かく言えばSR-100なのですが)、見えるだけでも満足です。





そうそう時間が無いのを忘れてました。急いで前方出口に向かいバスに乗り込みます。
辺りは真っ暗なのでどこに沖止めしたのか全くわかりませんが、バスもかなりの距離を走りようやく降り口に到着しました。
しかし降り口からがまた遠い!いったいどれだけ歩けば出口なのかというほど移動します(歩く歩道は節電の為か一部停止していました)


とにかくモノレール乗り場へ急ぎます。
切符を購入してホームへ行くと、発車直前だったので慌てて乗り込みます。


久しぶりのモノレールなので、浜松町まで何分かかるのかさえわかりません。ていうか、京急とモノレールってどっちが早いんや? などとモノレールに乗ってから考えてました。
この段階でとっくに20:00を回っており、後どれだけかかるのかわからないので、1人でかってに焦ってました。


だから画像もなく、だらだらと文を書いてます。(^_^;)




浜松町からは山の手線を乗り継ぎ、やってきたのは上野駅。

そう、これから旅のメーンイベント、寝台特急に乗車します。



ところが、上野駅に到着したのは20:40頃。
大急ぎで買い物などを済ませホームに下りたのですが、列車は入線しており、見たかった推進回送は見れず仕舞い。(T_T) 

ここまで画像も撮らずに向かってきたのに寂しい限りです。(T_T)








これから乗車する、寝台特急あけぼの

201107kobe 125

201107kobe 127

私にとっては、寝台特急というより「ブルートレイン」!

ブルートレインブームを幼い頃に経験している私にとって、ブルートレインに乗車するのは夢でした。その夢がこの年齢になってようやく叶います。

今考えなおすと、これまでにも数多くブルートレインに乗るチャンスは転がっていたのですが、その時々に自分のブームがあり、乗ることが出来ませんでした。今回ブルートレインに乗るきっかけも実は窓口のおじさんの困った対応からでした。




安い料金の飛行機が無いので、高い料金で飛行機に乗るか、それとも夜行バスで北緯41度に戻るか思案していた時、なにげなく寄った駅の窓口で、「A寝台は空いてますか?」と聞いたところから始まりました。私は空きがあるかどうかの確認のつもりだったのですが、おじさんは「B寝台ですね」というもので、「A寝台です」と言うと、何かメモしていました。席を立とうとしながらもう一度「B寝台でしたよね?」と聞かれたので、「A、A寝台ですよ!」と告げると書き直し、横の方へ歩いていき、しばらくすると こっちおいで みたいに手招きされるので行ってみると、どこからともなく「27000円です」、・・・て、空きがあるかどうかの確認が購入になってました。(+o+) 


どうやらその駅にはマルスが無いようで、申込用紙に記入、ウェブカメラのようなものでセンターが確認、料金を支払うというようになっていたみたいです。


確認のつもりが購入となってしまいましたが、こんな機会も滅多に無いやろし、こんなことでもなければ発券には至らなかったやろから、正規料金満額で購入したるわい、と発券を決めた次第なのです。

201107kobe 284

これがその切符。

改札では記念に持ち帰りさせていただきました。












あー、今日は文ばかりで疲れた。

今日はこれぐらいにして、次回は乗車記を綴ります。


[edit]

初夏の神戸を楽しむ旅 Vol,4 


(続きです・・・)





南京町から移動している時に何かやってました。

201107kobe 097

有名な陸上選手が何名か来ているようでした。

私の触手をそそる選手はいないようでしたのでスルーしました。(^_^;)





南京町をブラッとした後は、三宮センター街をさらにブラッとします。

三宮センター街は、おおよそ元町駅から三宮駅間に幾つものショップが並ぶところで、アーケードということもあり雨に濡れずにショッピングが楽しめます。この日も大勢の人が歩いていました。

201107kobe 098

これは東入口近辺です。







あまり神戸を散策出来ていませんが、帰りの飛行機の時間もありますので、これから関西空港に向かうことにします。






途中こちらでトイレ休憩

201107kobe 099

泉大津パーキング(阪神高速湾岸線)





上は

201107kobe 101

ホテルサンルート関空


パーキングエリアの上階がホテルという珍しい作りになっています。


車の走行音が気になりそうな予感・・・。実際に宿泊したことはありませんので、あくまで予想ですけど。









201107kobe 102

レンタカーも返却して(ごっつい時間かかって、がいにムカツキましたわ)、これから搭乗する便を再確認しておきます。

201107kobe 107

(あえてハングル文字を選択)

上から2つ目の便に搭乗します。

私は基本青組なので、黒にも青組からのコードシェアで搭乗します。私は青組のSFCなので、何かと特権を利用したいだけな小さいヤツです。(^_^;)





関空で「大阪!」みたいな場所で食事。

201107kobe 104

豚マンで有名なホウライですが、関空ではチャイニーズレストランも経営しています。










青組さんは「北」

201107kobe 108

セキュリティチェックは青組と赤組で場所が違います。

まぁ中で余計に歩くだけなので、北でも南でも問題はありませんけどね。








これから搭乗する黒い飛行機

201107kobe 109

201107kobe 112

またしてもJA02MC!!

黒の飛行機には今回で4度目なのですが、そのうち3回がこのJA02MC!
なんとゆう巡り合わせ。初めて黒に搭乗した時もこいつで羽田→北九州を飛んでいます。




201107kobe 115

日本語







201107kobe 118

英語






















201107kobe 114

ハングル!

関空は今も韓流です。










いざ機内へ

ん、なんか出てる?

201107kobe 119

画像ではわかりにくいのですが、何やら白いものが噴き出しています。多分機内の乾燥を防ぐ為に加湿器の役目をしていると思われるのですが(詳しい人は教えて下さい)、周りに白装束の方(やべ! て感じの)が何人か乗ってこられたので、一瞬ビビッてしまいましたよ。(+o+)

ま、いたって普通の方々でしたのでお間違いなく。

この便は満席でした。(さすがに日曜夕方の東京行きは多いわい)








ここでも鶴丸を発見出来ず。

201107kobe 121



黒い飛行機のウィングレットはこんなの

201107kobe 123





満席ですし寝るしかないので、羽田までは寝ます。

実はこれからが私としては旅のメイン!それに向けて体力温存とします。






今日はここまで。

まだ続くよ。



[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。